鍵屋という名前がどう移り変わるのか

鍵屋の仕事と言うのは思ったよりもやることが多い職業です。日常的に使われているからこそ、日々のメンテナンスだけではなく紛失、盗難によるトラブル、鍵の複製、開錠など、生活に深く関わっている職種の一つが鍵屋です。ドアノブの取替えや扉のチェーンの切断、防犯の為の鍵の交換など鍵屋の仕事は複雑ですが、だからこそ仕事は無くなる事は無いもの、と考えられていました。しかし、最近ではリモコン式の鍵や指紋認証などの生体鍵、カードキー等物理的な鍵の仕事が減ってきたことにより、徐々に仕事は縮小しています。今までやってきたこととは別のアプローチになりますので仕方ない部分はありますが、昔ながらの鍵屋は少しずつ姿を消して行ってるのが実情です。特に車に関しては損害保険会社等が鍵の紛失に関してサポートを行なうようになったのが大きく、鍵屋はシェアを削られています。確かに、物理的なアプローチができなければ防犯上は優れていると言えます。思うに、昔ながらの鍵屋から現在のデジタルな鍵屋への移り変わりが始まっているのかもしれません。このようなリモコンや生体認証の鍵も、錠自体を管理しているのはシステム管理者です。いざと言う時の対処を行なうのも管理者であり、鍵屋としていること自体はそれほど違いは無いのです。そう考えると、鍵屋の仕事が減ってきたと言うよりは、鍵屋のシェアの奪い合いと考えるほうがしっくりきます。昔ながらの鍵が完全になくなることは無いはずです。物理的に強固であることはやはり強みです。ですが、昔ながらの鍵屋にとっては今までどおりの仕事はますます少なくなってくるでしょう。規模を縮小して現在の仕事を続けるか。畑違いのノウハウも吸収して、幅広いシェアを狙うか。実際両立している所もそれなりに数はありますが、デジタル鍵は個人では深いところまで手が出せないのが現状のようです。数年後にはどちらが鍵屋と呼ばれているのか、興味深く注視していきたいと思います。