鍵屋に頼むことは一体どんなことなのか

自分の鍵が必要になる場合、鍵屋に頼んで自分の鍵を作ってもらうのが普通です。ですが鍵自体に何の役割があるのかも分からない方が鍵屋に鍵を作ることを頼んでも意味がありません。鍵は扉をロックしたり解除したりすることが目的の道具であり、それ以外に何の役割を持っているのか普通の一般人では理解しがたいです。もしあると考えるのなら鍵を開けたり閉めたりするための道具と考えず予想外にもアクセサリーであると考える方が無難かもしれません。最近デパートやショッピングモールのアクセサリー売り場などで鍵型のアクセサリーやペンダントが多く売られていることがあります。それを自分に身に付けて周りにお洒落であることを感じさせることも役割であるとされています。鍵屋さんに鍵のアクセサリーを作ってもらうことを考える人もいますが、鍵屋はロック解除の鍵やプライバシー保護を最優先に考える鍵を作る商売のため、アクセサリー類は一切受け付けてはいません。でもそのことを鍵屋に話すと以外と大うけすることもあります。鍵型のアクセサリーなんて鍵屋を作る人にとっては予想外のことですから驚くことも無理ないです。dからと言って鍵屋にしつこくアクセサリーを作らせようとしてもダメです。鍵屋はそれが嫌だから作らないわけではありません。それは自分の商売の種類とは全く違うため自分の商売に意味のないことはしないだけなのです。鍵屋は町の人の個人情報から身を守る道具を毎日作っておりそれを提供してお金に換えることこそ商売なのです。ですが鍵屋で鍵を作ってもらうこと以外にも鍵の役割をした最先端技術が既に存在しています。それは銀行のATMで暗証番号をタッチパネルで操作することです。これは自分の考えた暗証番号を入力してお金の引き出しや預けることを役割としています。これは実物の鍵が存在しなくても頭の中にある暗証番号の記憶が鍵の代わりになってくれるので必要はありません。けど鍵屋はこれにはできないような鍵も作れます。

コメントは受け付けていません。