鍵屋さんになるためには

部屋で賃貸マンション、アパートメントに住んでいるときに、不注意で鍵をどこかに忘れたり、失くしたりしたときには鍵屋に連絡をして開錠をしてもらう必要がある。その時に鍵屋の技術は、とても素早く素人ではわからないことが非常に多い。鍵屋の技術は非常に高く、その技術を得るための鍵師養成という講座もある。この講座を受講している人であるが一般のひともいるが電気工事関係、土木関係の方が多く受講をしている。鍵屋になるためには国家資格はないが、こうした講座を受講をしておくことは、自分自身に箔をつけて仕事をスムースにする助けとなる。街中にある鍵屋もこうしたコースを受講をして独立して開業をしていることも多々ある。鍵屋というと一見、マンションなどで鍵をなくしたとき、または、鍵の複製品を作ることだけがその仕事であるかのように思われがちでるがそうではない。フランチャイズ化をするケース、大手不動産会社、ビルメンテンス会社、自動車会社、事務機器販売店と業務提携をして大きく業績を伸ばしている方もいる。しかしながら、全体的には安定をした収入をえることや高所得を得ることができるのはほんの一握りの人たちである。また、鍵屋として独立開業をして経営をしていく上では、技術だけではなく、前述をした企業に対して営業をして仕事を取り、業務提携関係を構築していくスキルも必要となってくる。もちろん、そうしたことができる方は鍵屋としてきちんと独立をして生計をたてることができるが、実際のところは街中には鍵屋が多くあり、飽和状態となっている。そのため、先に記した営業力、また、基本的には定時などはなく、お問い合わせがあればいつでも対応できる体制でなければ他の鍵屋に仕事を取られてしまうという現実もある。この業界は基本的には男性がほとんどであるが、女性の方も全体の1割程度いる。力仕事ではないので自分自身に力があれば、性別、年齢は関係なく開業できるという利点がある。